カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

とっさの小嘘

うちのおねえちゃん中2、 身長約160cm、体重は?わからない。

でも、ちびでずんぐりむっくりの私の子供にしては上出来の娘である。

性格は一見繊細そうだが実はすごくのんきでのんびり屋

あまり愚痴をいわない。

ただ中2という年頃もあってか意地っ張りなのが玉にキズ。

返事をしないことが多い。

時々、朝 一緒の中学に登校する友達が迎えにきてくれると

一階のおじいちゃんが「おーい来てくれたよ」と大きな声で

娘に呼びかける。

でも娘は、返事をしない。

返事をしないと、おじいちゃんは少しイライラして、さらに

大きな声で「おーい来てくれたよ」と呼ぶ。

私がハラハラして

「返事してよ。返事しないと聞こえないと思って、

おじいちゃん、ますます声、大きくなるよ。」というと

フンという顔をしてそっぽむく。

先日も友達が来てくれて、おじいちゃんが大きな声で

呼んだ。

私はいつものように「返事しなさい」と言おうと思ったが

言ってもしないだろうと思い、とっさに私が

「はーい」と娘のような声を出して返事をしてしまった。

そして娘に「おじいちゃん、騙されちゃったかねェ」というと

娘は「え~~~」と驚いて

「なにやってんのおかあさん!」と言った。

私は急に自分のとった行動がおかしくなって、ケラケラと

笑い始めた。

すると背後から、「クックックッ」と苦しそうな笑い声がしてきた。

振り返ると主人が、おかしくてたまらないという顔をして笑っていた。 

「あたしんち」というマンガに、「とっさの小うそ」というのがあったが

これも「とっさの小うそ」かなあ。

その日は、かわいく「はーい」と言った自分がおかしくて

思い出し笑いばかりしていた。

おじいちゃん、あれから大きな声で「おーい」と言わなかったから

きっと、かわいい私の声に騙されちゃったんだんね!?。