ホーム / スタッフブログ / お店からのお知らせ / お中元カタログ出来ました。

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

お中元カタログ出来ました。

2008年度お中元カタログ出来上がりました。

 

いつもお世話になっているあの方へ・・・

 なかなか会えないあの方へ・・・

 ~ あなたのお気持ちそのままに、大切な方へお届け出来るよう、

お手伝いいたします ~

 

日頃ご利用いただいているお客様に順次ご案内差し上げていますが、まだお手元にない方、お急ぎの方、参考に・・という方、

カタログの発送承ります。フリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。 

「コッペリア 全三幕」

 

バレエ教室(アカデミー オブ バレエ)の先生に 

「6月8日の日曜日 発表会があるから見に来て下さい。」

と 誘って頂いたので行ってきました。

元々 フィギアスケートや 新体操、シンクロといった

美しいスポーツは 好きなんです。

でも まさかあんなに感動するとは 思ってもみませんでした。

  演目は

 

   「コッペリア全三幕」

 

          いつもお店に来て下さる ミチコ先生

          それはそれは 可愛らしくて 愛らしくて

          かっこいい シンヤ先生

          いつもより更に カッコよくて

        ワクワク ドキドキ 楽しくて  

 

早く帰るね と 子どもと約束したのを 気にしながらも

二幕目まで 見てしまいました。

三幕目は 我慢して泣く泣く帰ったのですが

車の中でも ワクワク ドキドキ

ずっと消えませんでした。

夜  こっそり鏡の前で ミチコ先生の真似をしてみました。

     ・ ・ ・

 いや 無理だってことは わかっていたんですが。

次の日 お店のみんなにも バレエとてもよかったと

興奮して話しました。

 

そしたら 先日

ミチコ先生と シンヤ先生が

お店に来て下さったのです。

お二人の顔を見た瞬間 あの時の感激が甦って

あやうく  が 出そうでした。  

          「バレエ とても とても よかった。

          二人とも すごかったね。 

          ミチコ先生    か~わいかった。

          シンヤ先生も 貫禄があって

          カッコよくて素敵だった。

          もう 楽しくて帰りたくなかった。」

と 興奮して何を話しているのかわからないくらいでした。

でも よかったという気持ちを 直接伝えることができて 嬉しくて。

しかも 二年後に また発表会あるから来て

と 言ってくださいました。

    

    楽しみにしています。

 

今度は お店のみんなで 行こうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

うこんのチカラ ♪~ ?

 

 雨がずっと続いていたので 久しぶりにお日様に会えて

 とても嬉しいです。 

  

     お店の裏は 

 

           う こ ん

 

             が一面に植えられた田んぼです。

 

もう三年くらい 夏になると ざわざわ と葉が大きくなり

冬になると枯れるということを 繰り返しています。

うこんは どういう状態になると収穫するのか全く知らないのですが

高麗人参のように

「三年もの 五年ものみたいに収穫するのかしら?」

と みんなで田んぼを眺めながら話をします。

 

今年もまた 五月の中頃から 生姜の葉のような

緑色の葉が徐々に大きくなって 今80cm位の高さになっています。

田んぼ中が緑色に覆われていますが よく見ると

きれいな ピンク の花が 所々に咲いています。

うこん という名前からは 想像できないようなやさしい ピンク色 

みんなで

 

     「近くで見てみたいね。」

 

と 言っているのですが

よその田んぼに入る訳にも行かないので お店の窓から眺めています。

 

 

               でも お茶を飲みながら ぼんやり遠くの

 

  うこん の  を

 

眺める方が 近くで見るより癒されるのかもしれません。 

 (実は こっそり写真撮ってきました。ねっ、 きれいでしょ。)

 

 

 

 

 

六月と言えばジューンブライド

毎日ばかり続きます。6月もあっという間に後半へと突入ですね。

みなさん6月といえば、何を思い浮かべますか。梅雨、あじさい、かたつむり、かさ、長靴・・・そうそう、ジューンブライドというのもあります。 

六月の花嫁は幸せになれる」 という(^v^) 

ローマ神話に登場する、6月の守護神:ジューノ(英語のjuneはこの名前に由来するそうです) が、結婚と女性を守る女神さまであることから、この月に結婚する花嫁は幸せになるといわれているそうです。

新婚さんて、その時期にしか出せない、初々しくて、すがすがしくて、でも甘いような特別な雰囲気に満ち溢れていて・・・いいですよねぇ そばにいる人たちまで幸せな気分にしてくれます(^u^)


さてさて何故そんな話をしたかというと、実はお茶って縁起のいいものだからです。

「 えっ(?_?) だってお茶は香典返しとか仏事に使うものでしょ?」と思われている方、多いんじゃないでしょうか。

縁起がいいという理由は、茶の木の性質をみていくと、なるほどよく分かります。

●茶の木は枯れない

お茶の木はどんなに寒くても、雪が降ろうと、カンカン照りが続こうと、様々な状況下にも耐え、枯れてしまうことはまずありません。常に一年中緑の葉っぱをつけ、何回刈られても、春が訪れると共に新芽を芽吹かせる生命力溢れるその様子から、嫁ぎ先でのあらゆる苦境にも耐えられるようにとの願いがこめられます。

 

●茶の木は根付きが良い

お茶の木は本当に強いです。人間がうんとこしょ、どっこいしょ<(`^´)>と引っ張ってもびくともしないんです。植え替えや移植も困難で、抜こうとするとパワーショベルを出動させなければならないくらいかな・・・それだけ根付きがいいということですね。結構土壌深くに伸びていて、網の目のように横にも広がっています。 すなわち茶の木のように女性も嫁いだら一度だけ、そこでしっかりと根付くように もらう方・もらわれる方双方の心からの願いがこもっています。

 

こんな話を聞くと、お茶に対するイメージって変わりませんか?

お茶は老若男女、贈る相手を選びません。

これからお嫁入りの予定がある方も (もちろん今からだわ(^O^)/という方も)、お嫁さんをもらう予定のある方

引き出物やご近所への挨拶回りに、ぜひこんな縁起のい~い「お茶」を使ってみてはいかがでしょうか <m(__)m>

 

 

 

さすきの やぶろじ10キロ

 

NHK 火曜夜10:00から放送の 『プロフェッショナル』

とういう番組を ご存知ですか。

私は その番組が好きでよく観てます。

特に 6月17日の放送は「茶師 前田文男」と お茶屋さんの

ことだったので 大変楽しみにしていました。

皆さんは お気づきだったでしょうか?

実は さすき園の茶工場製造のお茶出ていたんです。

私も 思ってもいなかったので大変驚きました。

番組が始まって10分くらいたった時 いつも茶工場に来る

あっせん屋さん(お茶の仲買人さん)が 映りました。

「あっ 丸松さんだ。」と 思っていると 前田氏が 丸松さんから

見本のお茶を受け取って 仕事場に帰り真剣な表情で

たくさんのお茶を飲み比べるという場面がありました。

その時です。さすきという文字がチラッと映りました。

もしやと思っていたら 前田氏が電話で

さすきの やぶろじ 10キロ」 と注文したのです。

   ※やぶろじとは やぶきたと言う品種の露地もののお茶

「えっ さ さすきのやぶろじ わっ うちのお茶だ。」

しかもナレーターさんが 「甘味の強い茶葉を選び出し注文した」と

すご~い テレビに出ちゃった。」と ひとりで大興奮。

DVDを戻し なんども観てしまいました。

3月にNHKの 「ふるさと一番」 にも出演したんですが

またまた テレビに出ちゃったんです。

次の日 茶工場でも店でも「うちのお茶でたっけね。」

と みんなで大喜び とても気分のいい一日となりました。

前田氏に 感謝です。

                              

 

 

 

12»