ホーム / スタッフブログ / スタッフの日記 / 皆様に 感謝して。

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

皆様に 感謝して。

今年も残りあと1日となりました。

そうなんです。今日は 

大晦日。

 

昨日の夜 帰りに車を運転しながら見たお月様は 細-い 細-い三日月。

あんなに細いのに 存在感は抜群で 真っ黒な空に細く輝いていました。

しかも 手を伸ばせば届きそうな感じ。

そして 今朝はお店に向かって車を走らせながら

見事に美しい富士山を見て 「あ~ きもちいいなあ。」と 独り言。

 

6:18  「おはよう  起きて 6時18分に起きるんでしょ。起こしてって言ったじゃん。」

そう 昨日の夜 下の娘が 「おかあさん え~と 明日の朝は6時18分に起こして。」

と 言いました。私が 「なんで 6時18分て 中途半端な時間なの?」と 聞くと 

「6時15分じゃ ちょっと早いような気がするけど 6時20分じゃちょっと遅い気がするから 

6時18分。」  「ふ~ん じゃ 6時18分に絶対起こすよ。」

 

そんなやり取りがあったので 張り切って起こしに言ったのですが 起きない。

全く反応なし。 仕方がないので 朝ごはんの支度に戻りました。

 

6:30 「もう6時半だよ。起きるんでしょ。起こしてって言ったじゃん。

     ほら早く起きて。」

    少し目がさめたので 「おきれる?」と 聞くと 「うん。」

 

大丈夫かな・・・。目が覚めそうにないなあ。もう少ししたらまた起こそうと思いながら

またご飯の支度に戻りました。

 

7:00 「起きてー もう7時 起きたいんでしょ。起きろ 起きろ。」

   もそもそと 動き始めました。

   「起きれた? もっと寝るの?」 娘はかなり眠そうに 「起きる。」と言ったのに結局また眠ってしまいました。

 

7:20 「起きてー 7時20分だよ。いくらなんでも

      もう起きるでしょ。」

   娘;「起こしてっていたじゃん。」

   「何度も 起こした。起こしても起きなかったんだよ。

    

 

結局 拗ねてしまいました。布団の中に潜ってぐずぐず泣き始めて。

  「早く起きたかったら 早く寝なきゃ ね。明日は早く起きれるように頑張れば

  いいよ。早く 起きたいって気持ちがあるだけでもいい事だよ。」

 

布団の中で聞いているのかいないのかわからないけど そう声を掛けました。

その隣で 中2のおねえちゃんは ぐーぐー熟睡。早く起きたい気持ちは一切なし。

至ってマイペースで のんびり。まあ ぐずぐず言わないのが取得かな。

 

そんな 姉妹ですが 昨日とおとといは 姉が洗濯物をたたみ 妹が昼ごはんの後食器を洗ってくれたと言って おじいちゃんとおばあちゃんがたいそう喜んでいました。

 

今年一年が 昨日の夜見たきれいな三日月と 今朝見たすばらしい富士山と 

娘達の成長の実感で締めくくれそうで 大変嬉しいです。

また今年一年が お茶のさすき園にとっても色々挑戦して成長し充実した一年であったと

思います。大勢の皆様に支えられて無事過せた一年であったことを感謝して

 

本当にありがとうございました。

また 来年もよろしくお願い申し上げます。

 

    

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

 

  

  

 

12月21日(日)はお休みいたします。

 

毎度ありがとうございます。

お茶のさすき園

12月21日(日)を お休みさせて頂きます。

一日お休みを頂いて リフレッシュして 

22日(月) から31日(土)まで 営業いたします。

  営業時間のお知らせ 12月21日~12月30日   9:00~18:00

                       12月31日    9:00~17:00

             お正月  

                 平成21年 1月 1日     お休み  

                     1月 2日・3日   10:00~17:00  

                        1月 4日     お休み

                           1月 5日    10:00~17:00

1月6日以降は通常通り 9:00~18:00 の営業となります。

    第一・第三日曜日が定休日です。

 

 

      

 

人を 見かけで判断するな!

 

最近 家の娘 学校の体育の時間にマット運動をやっているそうです。

あまり運動が得意とはいえない娘 ランクをA~Dに分けた中のCなんだそうです。

なんとかBになりたいと言って お父さん相手に毎晩布団の上で練習をしています。

 

1週間くらい前の晩御飯の時

娘: 「Kちゃんと Oちゃんは 体操教室行ってるから 逆立ちすごく上手だよ。

    今度バック転やってくれないかな。」

私: 「えっ 二人ともバック転できるの?」

娘: 「ううん できたらいいなと思って」

私: 「お母さん 高校の時ならできたよ。」

娘: 「えーーーーーーっ なんで?」

私: 「だってお母さん 高校の時体操部だもん。」

娘: 「ええっ!何」

私: 「だから 体操部だったの。」

娘: 「えっっ。」

私: 「体操部 何回も言わせないでよ。恥ずかしいんだから・・・」

娘: 「うっ うっ おっかしい 似合わん 噴出しそう。」

と言って  娘は口に含んだご飯を漸くの思いで飲み込みました。

 

娘: 「何でお母さん体操部入ったの?」

私: 「好きだからだよ。ついでに言うなら 大学の時はスキー愛好会

   『ザイトルッチェン』ていうのに入っていたよ。」

娘は あまりの驚きにおっきな声で

娘: 「えーーーーーーーーーっ 似合わん・・・」

私: 「お母さん こう見えても結構運動神経いいんだよ。」

娘: 「だって 体型ちがうもん。」

 

何を言うか 人を見かけで判断するな。

と 言いたかったのですが

なんせ 身長は150センチ足らず 体重は・・・言えない

ずんぐりむっくりの私 運動にはおよそ不釣合いな体型なので

娘がそんな風に思うのも良くわかるんです。

その夜も 娘はお父さん相手に逆立ち、開脚前転、後転の練習を

ドタンバタンとやっていました。

 

2.3日前の朝 今日は体育があると言って嬉しそうに学校へ出かけました。

 「どうだった?」と 聞くと

「聞いて聞いて Aだったよ。」 ♪~

 Bを飛び越えて Aになってので とても嬉しそうな娘でした。

 

努力の甲斐があって 良かったね。 

 

 

 

 

 

曇り のち 快晴

 

やったー。

       晴れたー。

             よかったー。

 

朝 洗濯物を干す頃にはまだどんよりとした雲が空を覆っていました。

近所の家家を見わたすと 誰も外に洗濯物が干してありません。 

(う~ん外に干そうかどうしようか)と迷っていましたが 天気予報は晴れ。

「よし 外に干そう。」と 決心。

(雨降らないで 雨降らないで)と 念仏のように繰り返しながら洗濯物を

どんどん外に干していきました。

 

それから大急ぎで歯磨きをして、着替えをして、お化粧らしきものをして

(なんせナチュラルメイクなんで・・・)出勤。

出発してから7分くらい経ったところで空を見ると まだどんより。

「雨 降らないでね。」と 空に向かって呟きながら車を走らせました。

暫くして 谷口原に上がって来た時には 少し晴れ間が出てきました。

富士山も 天辺には雲がかかっているけど下の方は見えてきました。

そして 更に車を走らせお店に到着。と 同時に空を見上げると

        快 晴 

とってもすっきりとした青空なんです。雲も くっきりはっきり見えます。

(あ~あ 気持ちいい。あっ 富士山はどうかな・・・)

と 庭の松の木の後ろの方を見ると

 

  な  なんとっ

全部姿を現して すばらしく綺麗

 

  なんだか とてもいい一日になりそうです。  





 

ただ今 勉強中

「し~い  お静かに ・・・ ただ今 お茶の勉強中。講師は 当店社長の大塚

生徒は もちろんさすき園スタッフ。」

 

今回のテーマは

  『おいしいお茶を 作るには』

       肥料・トレサビリティー・土壌について等等。

流石 生粋のお茶屋っ子の社長

よちよち歩きの頃から茶部屋(茶工場)と茶畑が遊び場、

学校に行くよりも お茶師さんに連れて行ってもらう茶問屋さんに行く方が好きだった

だけあって お茶のこと本当に色々知っています。

 

実の叔母さんであるわたしも 同じ家で育ったにもかかわらず 

なんと ボーッ と過していたことかと 甥っ子である社長の話を聞きながら

そんな事を考えていました。

 

「いや 今からでも遅くない!!

自分よりうんと若い社長から沢山のこと教わって がんばらにゃ。」

と 思った次第です。

 

他のスタッフも 色々質問をして盛り上がっています。

初めて聞く話から 以前から疑問に思っていたことの答えまで

なかなか有意義な勉強会でありました。

 

  

12»