ホーム / スタッフブログ / スタッフの日記 / 茶畑情報 3月31日

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

茶畑情報 3月31日

 

やぶきた 3/31

 

大井早生 3/31

 

さえみどり 3/31

茶畑情報 3月28日(水)

 

やぶきた 3/28

 

大井早生 3/28

 

さえみどり 3/28

巨匠たち

 

昔からお茶を揉む人のことを「お茶師さん」と呼んでおります。

サスキの工場にも巨匠とよばれるお茶師さんがいるのをご存知でしょうか。

それがこちら、現在の巨匠、

西沢行尋 (愛称:ゆきさん)

 

山村明 (愛称:やまちゃん)

良いお茶づくりは、この二人の腕にかかっています

 

また、サスキでは後進育成にも力をいれております。

そしてこちらが、未来の巨匠とそのまた未来の巨匠候補

左)大塚博司 (愛称:ひろし)  右)青島崇仁 (愛称:コンちゃん)

 

巨匠と呼ばれる日まで日々修行です。

 

サスキではそんな巨匠たちの心と情熱がこもったお茶をつくっております。

ぜひ一度ご賞味ください。

 

古きよきものと最新鋭

 

先日のブログで、ハウスの新茶が無事終了した事をお伝えしました。

ハウス新茶では茶摘から製造まで手作業が多く、使っている道具や機械も古いものです。

たとえば こんな物や

↑(なかなか風情があっていいですね。)

 

こんなもの

↑(このハカリ、私では使い方分かりません(^^ゞ)

 

製茶機械も

コンピューター制御なんてついていません。

出来上がりのタイミングも手ざわりや茶の外観などで判断、

お茶師さんの経験と勘がものをいいます

 

そんなアナログな世界から一変、露地ものの新茶シーズンを前に

サスキの工場では最新鋭の機械を導入しました。

蒸機(摘採してきた生葉を蒸すためのものです。)を新しいものに

入れ替えました。

これ以上は企業秘密なのでお見せできませんが・・・

とにかく従来のものより大容量かつ精度高く製茶できるんだとか。

今まで以上によい製品が出来ること間違いなしなので、

本格的な新茶シーズンもぜひ期待してお待ちください。

 

 

 

茶畑情報 3月26日(月)

 

やぶきた 3/26

 

大井早生 3/26

 

さえみどり 3/26