ホーム / スタッフブログ / スタッフの日記 / 第二回 石畳茶屋お茶会

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

第二回 石畳茶屋お茶会

 

本日6月30日 金谷の石畳茶屋にてお茶会を行いました。

春の荷縄屋でのお茶会に続き 2回目となります。

今回もまた 当店社長大塚のお茶に関する豊富な知識と

 

方言まじりの楽しい会話で進行いたしました。

前日 スタッフでリハーサルを行い準備万端といったところでしたが

いつものことではありますが うちの社長 

リハーサルを無視してアドリブが入ってしまい

私たちをあわてさせてくれるんです。

でも それがお客様にはいいみたいで

社長の話はとても人気があるんですよ。

 

今回も お客様とても楽しそうでしよ。

そして もちろん おいしいお茶にも おいしいお菓子にも

大満足といった風でした。

石畳茶屋もとても素敵なところで

大勢の方が「一度行ってみたかったから ここでお茶会やってくれてうれしい」

との事でした。

 

さて お茶会は明日もあります。

もしも明日 石畳茶屋に行くことがありましたら

お茶会やってますので 覗いてやってください。

「へえ~ 楽しそうだね。」って きっと思いますよ。

 

 

 

 

第二回石畳茶屋 お茶会

 みなさ~ん お知らせです。

 

お茶のさすき園では 3月の春のお茶会に続き

今度の土曜日(6/30)・日曜日(7/1)に金谷の石畳茶屋で 

夏のお茶会を行います。

  6月30日(土)・7月1日(日) 

  時間: 午前9時30分~

       午後2時30分~

       午後4時~

  会費: 800円

   予約制になっていますので 参加ご希望の方は是非お知らせください。

   フリーダイヤル:0120-38-2107

   お待ちしています。

 

春のお茶会は 参加してくださったお客様にとても喜んでいただけて

私たちスタッフも大変幸せな時間を過ごせました。

そして今回夏のお茶会は 更に良いものにしたいと皆頑張っております。

 

 

 

 

 

しあわせだなあ

 

今日久しぶりに 高校の時の担任の先生に会いました。

友達も一緒で3人でお食事 バイキングだったのであれやこれや思う存分食べたら

おなか一杯ではちきれそうでした。

今夜の夕食は食べなくてもいいくらいです。

 

お話もおなか一杯と同じくらい一杯いっぱいしましたよ。

高校の時の先生とこんな風にいつまでも親しくできるって幸せですよね。

 

因みに お友達はさすき園のスタッフのスミさんなので久しぶりに会った訳ではなくしょっちゅうあっているのですが

それもまた 幼馴染の上に一緒にずっと仕事ができて幸せだなあって思います。

 

 

 

 

 

お父さんいつもありがとう!

 

毎日毎日すっきりしない天気ですね。

梅雨時期はやっぱり苦手な私です。

皆さんはどうですか?雨が好きっていう方もいるかもしれませんね。

 

さて、この時期忘れがちになってしまうのが、父の日です。

今週末の6月17日(日)は、いっぱい頑張ってくれているお父さんに

感謝する日なんですよね!

そんな頑張ってるお父さんにこんなプレゼントはいかかですか?

タンブラーと八十八夜のティーバッグセットを

パパにちなんで880円

これからの暑くなる季節に、冷たいお茶をお父さんに是非!

 

更に!

お店では陶器を販売していますが、

週末にはなんと半額にしちゃいます!(一部を除きます)

この企画は8月までやりますが、

早い者勝ち!な物もあるので、皆さんお近くにお越しの際は

是非お店にお立ち寄りくださいませ!

 

 

 

お散歩

 

久々に スカッと晴れて気持ちいい日でしたね。

最近は雨が降らなくても 空がどんよりしていて青空が恋しかったです。

 

午前中におばあちゃまと一緒に来てくれたちっちゃなお客様は お散歩が大好きなんだそうです。

今日は おばあちゃまに 「お散歩に行こう ねえ お散歩に行こう。」とせがんで連れてきてもらったんだそうです。

おばあちゃまは 「いつもお散歩に行くときにはクレヨンと紙が入った巾着を持ってくんだよね。

それで お花や草 よその家まで絵を描くんだよね。」と。

「すごいねぇ なんでも描いちゃうの?」と 聞くと うんうんと首を縦に振りました。

おばあちゃまが言うには 巾着の中には望遠鏡まで入っていて

遠くの景色を眺めるんだそうです。

絵を描いている姿も 望遠鏡で遠くを眺めている姿も想像するだけでかわいい

その子はメロンのソフトクリームを食べて嬉しそうに帰っていきました。

また 帰る道々鳥を見つけて立ち止まり花を見つけて絵を描いて遠くの景色を双眼鏡でのぞきながら行くのかな。

 

 

 

 

12»