ホーム / スタッフブログ / スタッフの日記女将の日記 / 見た目だけではないんです

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

見た目だけではないんです

 

我社のトラック

生葉運搬に使ったり、製品の配達に使ったり大活躍です。

見た目はこんな感じで

あちこちピカピカキラキラしてるし、

マフラーも上に突き出た煙突マフラーだったりして、

まるでトラック野郎が大事にしているデコトラ風情なのですが、それにはいろいろ理由があります。

(多少持主の趣味が入っているかと思いますが・・・

 

まず、この煙突マフラー

車のマフラーってすごい熱をもちますよね。

それが普通の車だったら車体の下を通って後に吹き出しています。

もしこのトラックが同じような構造だったらどうなるでしょうか。

 

生葉を運搬する時、荷台には柔らかい新鮮な生葉が載せられるわけですが、

普通車のように荷台の下にマフラーが通っていると、その熱が荷台に積まれている生葉にまで伝わってしまいます。

そうすると、その熱で生葉が焼けてしまい、品質の劣化どころか製品にならなくなってしまいます。

そのために後ではなくすぐ上に吹き出せる様、煙突状にしているのです。

こうすることで、品質の維持・向上につなげています

ね、カッコ良さだけではないでしょう(*^_^*)

 

ところで、生葉運搬車の荷台って見た事ありますか?

ではちょっとお見せしますね。

このように両端にキャタピラがついていて、満載された生葉が背板に押され前から後へカタカタと動いて荷降ろしされます。

まんなかの部分これはどんな役割があると思いますか。

実はこの穴の下には送風装置がついていて荷台に風が送り込まれる仕組みになっています。

これも生葉が熱くならないよう、風を送って焼けを防ぎ、品質を落とさないためにあるのです。

 

そして最後、どこもかしこもピカピカなわけ。

後も横も傷一つありません。

いつもきれいにすること。口に入る製品を扱っている以上、これは欠かせません。安心して飲んで頂けるためです。

傷一つなくきれいにしていると、運転する人の意識がかわります。

ぶつけないようにしようと自然に安全運転を心掛けてくれるのです。

物を大事に扱う事、これはひいてはお茶を大事に扱う事にもつながっていきます

 

このように、車一つとっても、安心安全で良い品質のお茶を作りたいという

さすきの理念が込められているのです