カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

お茶の旅

 

お昼過ぎ 雨がざあざあ降る中を若いカップルがやってきました。

中に入ると急須を見たり、サンプルのお茶の香りを確かめたりしながら話をしているのですが

結構お茶に詳しそうな2人です。

お茶(八十八夜)をお淹れして「どうぞ お茶あがってください。」と言ってお勧めしました。

「え~ お茶頂いていいんですか?」というと嬉しそうに言って一口飲むと

「あ~ おいしい♡」と

男性は東京に住んでいるのですが お茶が大好きでお茶の旅をしているのだそうです。

女性はさすき園のそばの坂部という所に住んでいて お茶大好きな先輩の案内役で一緒に来たのだそうです。

私はお茶が好きという人が来ると お茶を飲ませたくなってしまいます。

特に自分のお気に入りのお茶は飲んでほしい!

そこで「他のお茶もお入れしましょうか?」というと

「えっ いいんですか。」と嬉しそうに言ってくれたので

私がうれしくなってしまって「もちろん お淹れしますよ。」

お茶「春恋」100g当り税込2700円のお茶を淹れました。

 

「あ~ 香りがいい。す~と入って美味しい。美味しいお茶ですね。」と言ってくれると

更に飲んでほしくなって「普段のみのお茶もうちのは美味しいけどいかがですか?」

と勧めて その後茎茶も飲んでもらって結局4種類を飲ませてしまいました。

どれも味の違いを分かってくれた上で「おいしい」と言ってくれたので

私は「やったー」と自己満足に浸ってしまいました。

 

「また来ます」と言って帰っていった後

(お腹がぼがぼになっちゃたかな・・・)と思いました。

でも 嬉しかった。良いお茶の旅が出来ますように!

「芋栗おいしフェア」

 

まだまだ暑いと思っても お店の窓から見える景色に秋の近づきを感じます。

そこで さすき園では一足先に「芋栗おいしフェア」を始めました。

 

まずは「芋ようかん」

「栗しぐれ」

「いもくり坊や」

「チビどら栗」

ほし芋「べにはる甘」

「芋羊かんくるるん」

お店にはまだかき氷を食べに来てくれるお客様が大勢います。

暑いのに 秋のお菓子を見るとついつい手が伸びてしまようです。

今一番の人気のお菓子は「芋ようかん」 2番が「いもくり坊や」

美味しいお菓子を見ると (太るかなあ)と思いつつも(明日から我慢すればいいか)

と思ってしまいます。

最高の水出し茶!

 

お店に入ってきた女性が スタスタスタッと迷わず進んで『春恋』の前で立ち止まりました。

スタッフの一人がそばに行くとその女性が

「このお茶で水出しをしたんですよ。そうしたら 甘くっておいしくってもうほかのお茶飲めない。」

といったそうなんです。

 

お茶屋なので夏は当然水出しをお客様にお勧めするのですが

さすがに『春恋』(100g当り2,500円 税込2700円 品種:さえみどり)のお茶で

水出しを作ろうとは思ってもみませんでした。

でも 折角そういってくださるお客様がいるのだから

早速 『春恋』で水出しを作ってみました。

まずは 春恋10gを急須に入れます。(写真は大匙に10g入れてみたところです。)

お水を100cc注いで

15分待ちました。

すると こんな感じに葉が開いてきました。

そして グラスに注ぐと

でき上がり。

 

味は 

「うわぁ おっいしい~ 」

もともと甘くて上品な味のお茶ですが お湯出しとはまた違った味わいがあります。

飲むとみんな顔がほころびます。

お客様の言った事本当でした。

 

高いお茶だから 美味しいのは当たり前といえば当たり前

でもこんなに美味しいんだったら たまにはプチ贅沢してみるのもいいのでは・・・

10グラムで税込み270円 3煎目まで楽しめます。

フランスのお茶屋さん

昨日の午後のことでした。 「いらっしゃいませ」と出ていくと なんと スタッフの塚本が外人さん2人を接客していました。 「オー サエミドリ! ジス イズ サエミドリ」なんて言ってます。 (さえみどりって わかってるのかなぁ???)と内心思っていたら 「コレ ノンデミタイデス。」らしき 英語を話しました。 どうぞと言って 差し出すと「ウ~~ン 〇☆※∴x~~」と何やら2人で感想を述べています。 そして私に向かって「オイシイデス コレハサエミドリ ホカニモアリマスカ?」と聞きました。 「やぶきたがあります。」というと「オー ヤブキタ 」と どうやらお茶の事詳しいらしいのです。 で どちらからお越しですか?のつもりで「Where are you from?」と聞いてみたら 素晴らしい発音で「フランス 私はフランス人 彼女はアメリカ人 カルフォルニアデス。」 という答えに驚いていたら「私たちは フランスでお茶屋をやってます。」さらに 驚きました。 道理で日本人でも知らない人はいっぱいいるサエミドリなんて言う品種を知っていたんだと思いました。 そして「わたしたちはグリーンのお茶 フレッシュのお茶が好きです。」と。 私が勝手に思っていることですが  ヨーロッパの人たちはお茶は香ばしいのが好きで本来の日本茶とは 違ったドライフルーツやハーブなどとブレンドしたものが好きかと思っていました。 でも ここにいるフランスのお茶屋さんは 私と同じようなお茶が好きでしかも 「ワタシ マイニチ お茶ノンデマス。」 私は 嬉しくって「サンキュー!」といいました。 いろいろお茶を飲んでみて 彼らは「天100g袋桐箱入り」 さすき園で一番いいやぶきた茶をご購入いただきました。

お二人は島田で行われた世界緑茶コンテストに来たのだそうです。 とても やさしい雰囲気で私のカタコトにもならない英語??を一生懸命聞いて答えてくれました。 楽しい時間をありがとうと言ってくれて 私の方こそ楽しくってたまらない時間を頂いて感謝しました。

おいしく涼しく

 

 

こんにちは

突然強い雨が降ったり、かと思ったらすごく晴れて暑くなったりと天気が不安定な日が続いていますね。

お盆もあけて、なんだかゆったりとした日になっております。

 

もうそろそろ夏も終わりに近づいてきましたね。

それでもまだまだ暑いので、少し涼しくなるかな?というようなお菓子のご紹介。

こちらはうちわの形のソフトせんべいのようなお菓子です。

1枚1枚に描かれた花の絵がとてもきれいで素敵です。

 

こちらは、水ようかんに、黒豆ゼリー。そして、白桃と夏みかんのくずもちですね。

ほどよい甘さと、冷やした時の涼しさがとても良い、おいしいお菓子です。

ちなみにこちらのくずもち・ゼリーと羊羹はちょこっとお得になっております。

手土産やちょっとしたおやつにいかがでしょうか。

 

おいしく涼しく、暑い夏を乗り切りましょう

12»