ホーム / スタッフブログ

カテゴリ

最近の投稿

月別アーカイブ

バイオ燃料

 

しとしと 雨の降る日でした。

お店のドアが開いたので 急いで出て行くと 

キャリーバックを曳いたお客様が入ってきました。

いつも来て下さる方で 上品で背が高くニコニコ笑顔のご婦人です。

 

「天100g袋 4本ください。

お茶は 軽いからあげるのにいいのよ。」

 

と お客様がいらっしゃるとお土産に渡すのだそうです。

それから お茶をお出しすると カウンターの席に座って

「今日は だから来れたの。」と おっしゃいました。

 

の日は来るのが大変なのに なぜ?)と 思っていると

 

「晴の日は色々用事があって。昨日は草取りしてたのよ。」

私が「草は 雨が降るとぐんぐん大きくなっちゃいますもんね。」

と 言うと

 

「そうなのよ。私が植えたものはなかなか大きくならないのに

草ばっかり大きくなっちゃって もう大変。」

 

と 大変という割りに ケラケラ楽しそうに笑いながらお話します。

そして 

   「今 とうもろこしをバイオ燃料にって言ってるけど

  草が燃料になればいいのにねえ。

  取っても 取っても いくらでも生えてくるもの。」

 

私は 思わず

「わあ それいい考えですね。大賛成

そうなったら みんな大喜びですね。」

 

それから ひとしきりお話をしてから

お茶を入れたリュックを ひょいと背負って

キャリーバックを曳きながら 雨の中を帰られました。

その方のお話は いつも楽しくて 帰られた後

とてもいい気分になります。

 

さて 今日は 朝降っていたがやんだから

草取りしてるかな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おーい 飛行船。」

 

「ねえ 飛行船が飛んでるよ。

配達から帰ってくるなり スミさんが言いました。

「えっ どこどこ」 と 外に飛び出す 私。

スミさん ぐんぐん庭に入っていって

「ほら あそこ。」

と 指をさしました。

「あっ いたいた 飛行船だ!」と 私が言うと

スミさん 「わたし 本物の飛行船初めて見た。

なんか 可愛いねえ。イルカが 空飛んでるみたい。」

「気持ち良さそうだね。どこ行くんだろう?」

と 話していると

今度は モリさんがやってきて

「飛行船 どこ?」

「え~っと あれ どこいちゃった?」

ちょっと目を離した隙に 

あののんびり浮かんでいるように見えた飛行船が 消えました。

すると 少しして建物の影からすーとでできて

「あそこ あそこ。」 と 私。 

(よかった。モリさんも 見れた。)

戻ろうとしたその時 今度はヤマさんが

「飛行船どこ?」

結局 かわるがわるみんなで飛行船を見に行ったのです。

( あー よかった。みんな 見れた。)

 

不思議ですねえ。

飛行船て あの可愛らしい形からか

ふんわりした飛び方からか

見た人の心を 少し幸せな気持ちにしてくれるような気がします。

  

   だから

     「おーい 飛行船 

       あっちこっち 

       幸せ撒いていってね。」

                     と 心の中で叫びました。

 

 

 

お中元カタログ出来ました。

2008年度お中元カタログ出来上がりました。

 

いつもお世話になっているあの方へ・・・

 なかなか会えないあの方へ・・・

 ~ あなたのお気持ちそのままに、大切な方へお届け出来るよう、

お手伝いいたします ~

 

日頃ご利用いただいているお客様に順次ご案内差し上げていますが、まだお手元にない方、お急ぎの方、参考に・・という方、

カタログの発送承ります。フリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。 

「コッペリア 全三幕」

 

バレエ教室(アカデミー オブ バレエ)の先生に 

「6月8日の日曜日 発表会があるから見に来て下さい。」

と 誘って頂いたので行ってきました。

元々 フィギアスケートや 新体操、シンクロといった

美しいスポーツは 好きなんです。

でも まさかあんなに感動するとは 思ってもみませんでした。

  演目は

 

   「コッペリア全三幕」

 

          いつもお店に来て下さる ミチコ先生

          それはそれは 可愛らしくて 愛らしくて

          かっこいい シンヤ先生

          いつもより更に カッコよくて

        ワクワク ドキドキ 楽しくて  

 

早く帰るね と 子どもと約束したのを 気にしながらも

二幕目まで 見てしまいました。

三幕目は 我慢して泣く泣く帰ったのですが

車の中でも ワクワク ドキドキ

ずっと消えませんでした。

夜  こっそり鏡の前で ミチコ先生の真似をしてみました。

     ・ ・ ・

 いや 無理だってことは わかっていたんですが。

次の日 お店のみんなにも バレエとてもよかったと

興奮して話しました。

 

そしたら 先日

ミチコ先生と シンヤ先生が

お店に来て下さったのです。

お二人の顔を見た瞬間 あの時の感激が甦って

あやうく  が 出そうでした。  

          「バレエ とても とても よかった。

          二人とも すごかったね。 

          ミチコ先生    か~わいかった。

          シンヤ先生も 貫禄があって

          カッコよくて素敵だった。

          もう 楽しくて帰りたくなかった。」

と 興奮して何を話しているのかわからないくらいでした。

でも よかったという気持ちを 直接伝えることができて 嬉しくて。

しかも 二年後に また発表会あるから来て

と 言ってくださいました。

    

    楽しみにしています。

 

今度は お店のみんなで 行こうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

うこんのチカラ ♪~ ?

 

 雨がずっと続いていたので 久しぶりにお日様に会えて

 とても嬉しいです。 

  

     お店の裏は 

 

           う こ ん

 

             が一面に植えられた田んぼです。

 

もう三年くらい 夏になると ざわざわ と葉が大きくなり

冬になると枯れるということを 繰り返しています。

うこんは どういう状態になると収穫するのか全く知らないのですが

高麗人参のように

「三年もの 五年ものみたいに収穫するのかしら?」

と みんなで田んぼを眺めながら話をします。

 

今年もまた 五月の中頃から 生姜の葉のような

緑色の葉が徐々に大きくなって 今80cm位の高さになっています。

田んぼ中が緑色に覆われていますが よく見ると

きれいな ピンク の花が 所々に咲いています。

うこん という名前からは 想像できないようなやさしい ピンク色 

みんなで

 

     「近くで見てみたいね。」

 

と 言っているのですが

よその田んぼに入る訳にも行かないので お店の窓から眺めています。

 

 

               でも お茶を飲みながら ぼんやり遠くの

 

  うこん の  を

 

眺める方が 近くで見るより癒されるのかもしれません。 

 (実は こっそり写真撮ってきました。ねっ、 きれいでしょ。)